マンション投資アナリストとは?~顧客利益最優先のマンション投資アナリストという実務家~

私はAFP(日本FP協会認定ファイナンシャルプランナー)でありマンション投資アナリストです。

さて、AFPやファイナンシャルプランナーは、なんとなくお金の専門家というイメージで一定の認知度があるかと思いますが、マンション投資アナリストという肩書は、初耳という人も多いと思います。

日本マンション投資アナリスト協会主催のマンション投資アナリスト養成講座を修了し、協会に入会した者のみが名乗れる資格になります。

日本マンション投資アナリスト協会

日本マンション投資アナリスト協会とは「顧客利益を第一に考え、マンション投資で失敗する人を0に。」という理念のもとに、高山弥大(みつひろ)理事長が設立した一般社団法人です。

高山理事長は法政大学卒業後に司法書士事務所⇒法律事務所⇒外資系金融機関で不動産・法律・金融の幅広い実務経験を積まれ、FPとして独立された方です。

独立後は、家計管理・住宅ローン・相続・不動産投資などの相談を個人のお客様から受けていたのですが、独立して数年後からはマンション投資を始めて失敗してから相談に来るお客様の相談が多くなったそうです。中には、失敗していることに気づいてすらいない人も多くいたそうです。

「なぜ始める前に相談に来てくれないのか?」と思い、マンション投資で失敗しないようにセミナーなどを開催し啓蒙活動を続けてこられたとのことです。

そこで、「もうこれ以上マンション投資で失敗する人を増やしたくない」と強い思いが生まれたものの、自分一人では救える人の人数も限界があると考え、高山理事長が長年かけて培ってきたメソッドをFPや士業に普及させるために、日本マンション投資アナリスト協会を設立されました。

マンション投資アナリスト

マンション投資アナリストとなるためには、日本マンション投資アナリスト協会が主催する「マンション投資アナリスト養成講座」を受講し協会に入会した人だけが名乗れる資格です。

民間資格ですが、一般的な資格と違ってかなり実践的なスキルを身に付けられるカリキュラム内容になっています。

約半年間かけて、不動産業界のこと・マンション投資独自の投資分析・マーケティング・セミナー営業まで、完全にお客様の立場になり顧客利益最優先のマンション投資アナリストという実務家になれる講座になっています。

日本の資格検定にも取り上げられている資格です。私は全ての養成講座を高山理事長から受講させて頂きました。私も所属会員として協会のホームページにも掲載されています。

私は協会の理念に共感し「マンション投資を失敗しないようにスタートさせる専門家」として活動中です。

養成講座で学んだことを大切にしつつ、日々研鑽を重ねお客様に価値の高いコンサルティング業務を提供し続ける事が出来るように励んで参ります。

あなたは、ひとりではありません

初めてのことを自分一人で始めるのは、精神的にも時間的にも大変なことです。

あなたにとって、出来るだけ「手間なく」「手放しで」「リスクなく」「安全に」マンション投資をスタートしていただくお手伝いが、私の使命です。

ささいなことでも構いません。お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。