怪しいと感じる=知らないから

さてみなさん、「投資」って聞いて、どんなイメージですか?「ギャンブル」「怖い」「自分のお金がなくなりそう」そういったネガティブなイメージがわく人も少なくないと思います。

 

それなりに、ご自身で勉強したり既に何らかの投資をしている人は違うでしょうけど・・・それでは、なぜネガティブなイメージを抱いてしまうのでしょうか。一番大きな原因は「よく分からないから」です。

現在、アメリカ人やイギリス人と聞いて、皆さんはどんなイメージを持ちますか?個人差はあると思いますが、100人中100人が悪いイメージしか持たないという事はありませんよね?でも、75年前までは我々日本人から見た彼らは100%悪イメージでした。

それは何故か?彼らの事に対する情報がなかったから。正確に言えば情報はありました。どんな情報か?それは「鬼畜米英」「戦争に負けて日本本土に上陸されたら、女は全員レイプされる」そんなことを戦時中の日本人は疑いもなく信じていました。

 

これは、太平洋戦争中に国民の戦意を高揚させるために当時の日本政府が行ったネガティブキャンペーンでした。投資に対して国を挙げてのネガティブキャンペーンはありませんが、「知らない」=「怖い、怪しい」と感じる構造は同じだと思っています。